〔TOP〕 > 【 妊婦とエクササイズ

股関節のストレッチ

股関節のストレッチをすることの意義

 

出産のとき赤ちゃんは頭を下にして、子宮からママの骨盤の間を通ってでてきます。その際、股関節の柔軟性がないと、うまく骨盤が開かず赤ちゃんがうまくでてこられないことがあります。特に股関節が固い人は、出産までにできるだけ柔らかくしておきましょう!

 

スクワットのポーズ

脚を肩幅より大きく開いて、両手を胸の前に組みしゃがみこみます。

 

息を大きく吸います。

息を吐きながら組んでいた両手を下にさげて、肘で膝を押し広げます。

 

バタフライのポーズ

両足を合わせて座ります。

 

背筋をピンと伸ばして、背中や腰が曲がらないように注意しましょう!

背筋を丸めないように注意しながら、あごをつきだしぎみにして、ひじを床につけます。

 

床につかない方は無理せず、自分のできる範囲でやりましょう!

 

開脚ストレッチ

脚を大きく広げて座ります。

 

無理する必要はないので、できる範囲で広げます。

 

気持ちのいい範囲で充分効果的です。

腰や背筋を丸めないように、両手を前方に歩かせていきます。

 

股関節が緊張しているのを感じましょう!

 

ストレッチは続けることが一番大切です。毎日でなくてもいいので、1日おきとか週に3日とかでもいいので、とにかく続けてみましょう!

ページの一番上へ>                次のページ→腰痛のストレッチ

サイトのTOPページへ

 

はじめて妊娠・出産をする妊婦さんのための本です。2006年の本ですが、いまだに人気があるロングセラーです。タレントの渡辺麻里奈さんがおすすめしていた本がコレです!私も持っていますが、絶対読んでおいた方が気持ちが楽になるのでいいですよ(^^)