〔TOP〕 > 【 妊婦とエクササイズ

腰痛のストレッチ

腰痛のストレッチをすることの意義

 

妊娠中期以降はどんどんお腹も大きくなっていき重くなってきます。お腹が重くなるので、重心が前に傾きます。しかしそのままだと前のめりに倒れてしまうので、自然と背中を反らせてバランスを保とうとしますね。

 

すると腰が通常よりも反った形となり、腰に負担がかかり慢性的な腰痛になってしまいます。腰というのは身体の中心ですから、ここが悪くなると何もできなくなってしまいます。日ごろから腰をいたわってあげることが大切です。

 

猫のポーズ

 

四つんばいになって前方を見ます。

 

両手は両肩の真下にくるようにします。

 

大きく息を吸います。

息を吐きながら、おへそを見るように身体を丸めていきます。

 

腰、背中すべて丸めていきます。

 

息をすべて吐ききります。

息を吐ききったら、今度は息を吸いながら真上を見上げて腰を反らせます。

 

胸をはるような感じですると、肺がよく伸びて深い呼吸ができるようになります。

 

以上を2,3回繰り返します。

 

三日月の犬のポーズ

四つんばいの姿勢になったら、息を吸います。

 

息を吐きながらお尻を見るように振り返ります。

 

おしりと顔で、わき腹を挟み込むようなイメージです。

反対側も同様です。

 

腹筋の強化にもなります。

 

ねじりのポーズ

あぐらをかいて楽な姿勢で座ります。

 

腰を丸めないように、背筋をピンと伸ばして座りましょう!目線は前です。

 

息をスーッと吸いましょう!

息を吐きながら両手を前と後ろに回して、腰をひねっていきます。

 

腰や背中を丸めないように、後ろを向きましょう!

反対側です。

 

腰の筋肉をストレッチして、痛みを緩和させます。

 

ストレッチは続けることが一番大切です。毎日でなくてもいいので、1日おきとか週に3日とかでもいいので、とにかく続けてみましょう!

ページの一番上へ>                次のページ→便秘解消のストレッチ

サイトのTOPページへ

 

はじめて妊娠・出産をする妊婦さんのための本です。2006年の本ですが、いまだに人気があるロングセラーです。タレントの渡辺麻里奈さんがおすすめしていた本がコレです!私も持っていますが、絶対読んでおいた方が気持ちが楽になるのでいいですよ(^^)