〔TOP〕 > 【 いざ!出産

入院に必要なもの一覧

妊娠中に私が用意したものと、最初から用意すればよかったなと思うものを一覧にしています。私の失敗もふまえていますので、これだけあれば後悔しないはずです(笑)

 

入院に必要なもの一覧

 

必要なもの
理由
  母子手帳・健康手帳・診察券・印鑑 病院はさまざまな手続きが必要になりますので、この4つを1セットにして用意しておきましょう!
  タオルたくさん 入院中は頻繁にタオルを使います。汗を吹いたり、授乳中や入浴にも使いますので、最低4,5枚は用意しておきましょう!
  お金 入院中は売店で何か買ったり、タクシーの交通費など、何かしらお金のかかるものです。入院費用とは別に数万円用意しておくとよいでしょう。
  時間をつぶす好きなもの 陣痛がはじまってから出産前は10時間ほどあります。入院中もベッドの横の小さいテレビでは飽きてしまうので、自分が時間をつぶせるものを、いくつか持って行きましょう!小説でもいいですし、ゲームなんかもいいです。
  前開きのパジャマ 入院中は寝るときだけでなく、1日中楽な格好でいます。Tシャツやトレーナーなんかより、前開きのシャツの方が授乳中のときに便利です。
  羽織もの 病室の空調が少し寒い場合に1枚持っておくと便利です。
  妊婦用ショーツ 出産後は出血や胎盤などがでてきますので、産褥(さんじょく)ショーツや生理用ショーツを持っていきましょう!
  妊婦用ブラジャー おっぱいがだしやすい妊婦用のブラジャーや授乳パッドがついているものがいいです。
  スリッパ 病院のスリッパは少し窮屈なものが多いので、自分が楽なスリッパがあると快適に過ごせます。
  冷え性対策用靴下 病院の廊下はけっこう底冷えするので、冷え性の方は厚手の靴下を持っていくと便利です。
  洗面用具 シャンプー・リンス・歯ブラシ・洗顔など自分がつかっているものを用意しましょう!帝王切開後はしばらくシャワーが浴びれないので、ドライシャンプーがあると便利です。
  メイク用品 出産祝いやお見舞いで病室を訪れる人もいるので、もしメイクがしたい場合は持っておくとよいでしょう。
  生理用品 出産の前後は分泌物がいろいろでます。
  ビニール袋 スーパーのいらない袋でもいいですが、ゴミがけっこうでますので、ベッドにでもひっかけておきましょう。
  ウェットティッシュ 病室は水場が遠い場合あるので、ウェットティッシュがあると便利です。
  洗濯バサミ・ハンガー ちょっとしたものを洗って干しておくときに便利です。
  食器類・果物ナイフ コップやお箸などは自分で用意する病院が多いので。また果物ナイフはお見舞いで果物をもらったときに重宝します。
  赤ちゃんの洋服 入院中は赤ちゃんは病院の用意した服を着ますが、退院の時は自分で用意した服を着させます。
  カメラ・ビデオ類 意外と忘れやすいですが、忘れるとけっこう後で後悔します。

 

上の一覧のものを揃えれば、よっぽどのことがない限り困らないと思います。後は入院中に買いたしても間に合います。

 

チェック欄もありますので、プリントアウトして使ってくださいね(^^)

ページの一番上へ>                次のページ→出産のサイン

サイトのTOPページへ

 

はじめて妊娠・出産をする妊婦さんのための本です。2006年の本ですが、いまだに人気があるロングセラーです。タレントの渡辺麻里奈さんがおすすめしていた本がコレです!私も持っていますが、絶対読んでおいた方が気持ちが楽になるのでいいですよ(^^)