〔TOP〕 > 【 いざ!出産

出産直前のサイン

いよいよ出産の直前になるといきなり赤ちゃんが生まれるのではなく、
一応基本的なパターンがあります。

 

まず「おしるし」という出血があります。

 

これは赤ちゃんが下りてきて、赤ちゃんを包んでいる卵膜が、子宮の壁からはがれることにより出血します。通常おしるしがあってから24時間以内に陣痛が始まります。

 

次に「陣痛」が起こります。

 

陣痛は赤ちゃんを外に押し出すために、子宮が収縮するため起こります。最初はちょっと痛いかな?という感じですが、だんだんと痛みが増し、痛みが起こる間隔も短くなってきます。

 

陣痛の間隔が10分程度になったら病院に行きます。陣痛が始まってからでもお産までまだ数時間ありますから焦らなくてよいですが、早めにいっても差し支えありません。

 

次に「破水」が起こります。

 

赤ちゃんを包んでいる卵膜の中に羊水がありますが、出産直前になるとこの卵膜が破れて中の羊水が流れ出てきます。これを破水といいます。破水は尿もれのようにチョロチョロでたり、ザザーッと大量にでたりします。

 

もし破水か尿もれか区別がつかない場合は、医師の指示を仰ぎます。ちなみに破水すると感染症を防ぐためにも、絶対にシャワーを浴びてはいけません!

 

このようにおしるし→陣痛→破水→出産となるのが、一番多いパターンですが、いきなり破水が起こって生まれそうになったり、おしるしがなく陣痛から始まったりと、人によって出産の兆候はさまざまです。

ページの一番上へ>                次のページ→分娩室で出産!

サイトのTOPページへ

 

はじめて妊娠・出産をする妊婦さんのための本です。2006年の本ですが、いまだに人気があるロングセラーです。タレントの渡辺麻里奈さんがおすすめしていた本がコレです!私も持っていますが、絶対読んでおいた方が気持ちが楽になるのでいいですよ(^^)