〔TOP〕 > 【 妊娠・出産の基礎知識

出産にかかる費用

妊娠〜出産までにかかる費用の総額

 

妊娠をして定期健診や分娩費用、産後の1週間の入院費用など含めまして、だいたい60〜80万程度はかかります。高いですね(^^;)

 

病院が公立か私立なのか。大部屋か個室か。オプションの有無などなど、いろいろな要素はあります。

 

その中でも一番大きい部分を占めているのが、「入院・出産費用」です。これは産む病院によってさまざまです。

病院の種類 入院・出産費用
公立総合病院 35〜40万円
公立大学病院 25〜30万円
私立総合病院 35〜40万円
私立大学病院 30〜50万円
個人病院(産院) 30〜100万円
助産院 30〜35万円

 

あくまでも目安ですが、上の表のようになります。やはり公立より私立の方が5〜10万円程度高く、帝王切開をした場合は、+10万円と考えてください。注目なのは個人病院で、オプションが豊富であったり、特徴的な設備やマタニティケアを取り入れていると、高くなったりします。

 

入院出産費用以外にも下記のような費用がかかります。

 

検診・検査費用

妊娠や出産は病気ではありませんので、保険が利きません。よって100%自己負担での診療となります。定期健診は、初期〜中期は1ヶ月に1回、後期は2週間に1回、臨月は週に1回程度あります。

 

超音波検査や血液検査をやったかどうかでも費用は変わってくるのですが、安いときで3,000円くらい。高いときで15,000円程度、平均で5,000円程度はかかります。妊娠がわかってから出産するまで、総額7〜8万円になります。

 

ただし、切迫流産や早産などの治療として受けた場合は、保険適用となり3割負担になります。

 

産後検査費用

出産後、子宮がんの検査や産後検診を行ないます。費用は5,000〜10,000円前後です。

 

時間外割り増し費用

陣痛がはじまり分娩するのが、平日の時間外や休日にあたるときには、1〜2万円程度費用が多くかかります。

【 まとめ 】

妊娠出産っていうのはけっこうお金がかかるものなんです(^^;)しかし実際には補助金などがでますので、差し引きでもう少し費用は抑えられますが、余裕をもって出産費用を貯めておきましょう!

 

どうしてもお金がない場合は、各自治体で支援制度を設けている場合が多いので、市役所に行って話を詳しく話を聞いてみましょう!

ページの一番上へ>                次のページ→出産後もらえるお金

サイトのTOPページへ

 

はじめて妊娠・出産をする妊婦さんのための本です。2006年の本ですが、いまだに人気があるロングセラーです。タレントの渡辺麻里奈さんがおすすめしていた本がコレです!私も持っていますが、絶対読んでおいた方が気持ちが楽になるのでいいですよ(^^)