〔TOP〕 > 【 妊娠後期

妊娠後期 28〜31週(8ヶ月目)

赤ちゃんの超音波写真

 

体長:約35〜40cm

体重:約1100〜1900g

 

< 赤ちゃんの様子 >

赤ちゃんの脳や中枢神経が発達し、脳はほぼ完成に近づきます。 身体に皮下脂肪がついてきて、赤ちゃんの身体はだんだん丸みを帯びてきて、ますます赤ちゃんらしい姿になっていきます。

 

ママの身体の変化

 

体重:約61kg


この時期私は体重が...!ってなってました(^^;)
8ヶ月からが体重増加の本番になってきますので、ここから赤ちゃんがどんどん成長し、 生まれるまでに3000g程度にまでなりますから、どこまで体重が増えるか心配です...。

 

この時期になると、お腹の中で動く力も強くなり、外からお腹を見ても動きを感じるくらい、強い胎動を感じます。また貧血、動機、息切れ、手足のむくみやしびれもでてきて、妊娠中毒症になりやすい時期でもあるので、疲れたらすぐに休む癖をつけましょう!

気をつけることとアドバイス

妊娠中毒症

妊娠中毒症というのは、高血圧、尿タンパク、むくみなどがひどくなった状態で、 約1割の妊婦さんが発症します。症状がひどくなると、母子ともに危険な状態になることもあり、 早産や難産の可能性も高くなるので、身体の不調、急激な体重増加を感じたら、すぐに医師に相談しましょう!

 

手足のむくみ

私はもともとむくみはほとんどない方だったのですが、この時期から脚が象のようにむくんでいました。 鏡を見ると「脚ふとっ!」てな具合です(^^:)原因はママの身体の血液量が増えるからです。 ある程度は仕方ないのですが、適度な運動とマッサージを続けていると、むくみがましになってきます。

 

早産の可能性を考える

妊娠8ヶ月を迎えて赤ちゃんの体重も1kgを越えると、もし急に赤ちゃんが生まれてしまっても、充分に設備の整った病院であれば、生きていくことができます。もちろん障害が残る可能性もありますが。
もしもの時を考えて、病院にいく手はずを頭の中で整理しておきましょう!

ページの一番上へ>                次のページ→32〜35週(9ヶ月目)

サイトのTOPページへ

 

はじめて妊娠・出産をする妊婦さんのための本です。2006年の本ですが、いまだに人気があるロングセラーです。タレントの渡辺麻里奈さんがおすすめしていた本がコレです!私も持っていますが、絶対読んでおいた方が気持ちが楽になるのでいいですよ(^^)