〔TOP〕 > 【 もしかして妊娠!?

妊娠を調べる方法

市販の検査薬

妊娠の見覚えがあって、一番手軽でほぼ確実に妊娠がわかる方法がこれです。ドラッグストアなどで「妊娠検査薬ください。」と言えば購入できます。

 

一見使い捨ての簡単な装置ですが、おしっこをとって陽性か陰性か見るだけなので、手軽でしかも90%程度の的中率がありますので、まずは妊娠検査薬で検査してみることをおすすめします。

 

病院に行く

妊娠かな?とまだ確信が持てていない内に、いきなり病院に行くのは気が進まないかもしれませんが、一番確実な方法です。妊娠初期は一番流産などが起こりやすい時期なので、早期にいけばいくほどよいでしょう。

 

 

 

基礎体温の変化を読み取る

これは毎日口中で体温を測って記録していないとわからないのですが、女性には低温期高温期というものがあって、それを周期的に繰り返します。しかし、妊娠すると体温が下がらず高温期が続くので判明します。

 

私はめんどくさがりでやっていませんでしたが、妊娠を狙っている方は、女性は高温期に排卵するので、高温期を狙って子作りすると妊娠の可能性が高くなります。

 

生理が遅れる

生理が遅れたことによって妊娠の可能性を疑う方が一番多いような気がしますが、この方法は、普段生理が規則正しくきている方にしか使えない方法で、不規則な生理周期の方はあてになりません。

 

また、妊娠していても月経時の時期に少量の出血がある場合があります。しかしこれは生理の出血ではなく、受精卵着床時に生じた少量の出血ですので、いつもより量が少ない場合は、妊娠している可能性があります。

 

身体、精神状態の変化

妊娠すると女性の身体や精神状態に変化を生じる場合が多くあります。

 

身体の変化としては、胃腸が痛い、重い、便秘や下痢になるなど、どうも様子がおかしい。生理でもないのにおっぱいが張る。乳首が敏感になったり黒ずんでくる。おしっこが近い。眠い。だるい。などです。

 

精神状態の変化としては、なんだかイライラして情緒不安定になる。なんだか落ち込むことが多い。などです。

 

このような体調の変化、精神状態の変化がある場合は、妊娠によりホルモンバランスが崩れているために起こるものなので、妊娠の可能性があります。

ページの一番上へ>                次のページ→妊娠検査薬の使い方

サイトのTOPページへ

 

はじめて妊娠・出産をする妊婦さんのための本です。2006年の本ですが、いまだに人気があるロングセラーです。タレントの渡辺麻里奈さんがおすすめしていた本がコレです!私も持っていますが、絶対読んでおいた方が気持ちが楽になるのでいいですよ(^^)