〔TOP〕 > 【 もしかして妊娠!?

妊娠の初期症状(つわり)

女性が妊娠すると、女性の体にはさまざまな症状があらわれます。

 

よくドラマなんかで、「うっ!?気分が悪い。」と言って、台所に吐きに行き「妊娠したかも。」というような、あからさまなシーン(笑)がありますが、あれが女性が妊娠して起こる初期症状「つわり」の一種です。

 

つわりにもいろんな種類がありまして、
「吐きづわり」「食べづわり」「においづわり」
「時間帯によって気分が悪い」「気分が落ち込む」
といったような症状があります。

 

それぞれご説明いたしますと...。

「吐きづわり」・・・
食べると吐きたくなる(吐いてしまう)だけでなく、
食べなくても吐きたくなるという症状が現れます。

 

「食べづわり」・・・
お腹がすくと胃がムカムカするなど、気分が悪くなるので、
何か食べてお腹にものをいれようとします。

 

「においづわり」・・・
妊娠するとにおいに敏感になるあまり、
日常の食べ物のにおい、電車のにおい、人のにおいを嗅ぐと急に気分が悪くなったりします。

 

「時間帯によって気分が悪い」・・・
特に朝と夕方に原因は何もないのに、突然気分が悪くなってきます。

 

「気分が落ち込む」・・・
何もきっかけはないのに、なんだか精神的に落ち込むといった症状です。
人に当たりたくなったりします。

つわりの原因

つわりの原因ですが、実はまだよくわかっていないんです(^^;)
この科学が進んだ時代に?と思われるかもしれませんが、
科学ってまだ人体の20%もわかっていないらしいですね。

 

ただ一説によると、妊娠するとhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)というホルモンが急激に増えます。すると、身体がその変化についていけず、一種の拒絶反応がでているとか。直接脳に作用して不快物質を生み出しているとか言われています。

 

つわりの原因はよくわかっていないのですが、わかっておいていただきたいのは、妊娠するとホルモンが変わり、身体も急激に変わってくるということと、ストレスはつわりにもよくないということだけ、覚えていただきたいと思います。

つわりの起こる時期

つわりは妊娠してから4〜6週頃にはじまる人が多く、8〜11週頃ピークをむかえます。それ以降は少しずつ落ち着いてきて、12〜16週頃に終わる人が多いです。

 

ただつわりは個人差が激しく、つわりが全くなくお腹の赤ちゃんがかなり大きくなるまで気づかなかったり、逆に妊娠中ずっ〜とつわりに苦しめられる方もいます。この辺りは個人差なので、あくまで目安です。

ページの一番上へ>                次のページ→妊娠を調べる方法

サイトのTOPページへ

 

はじめて妊娠・出産をする妊婦さんのための本です。2006年の本ですが、いまだに人気があるロングセラーです。タレントの渡辺麻里奈さんがおすすめしていた本がコレです!私も持っていますが、絶対読んでおいた方が気持ちが楽になるのでいいですよ(^^)