〔TOP〕 > 【 産後の母体ケア

出産直後の過ごし方

無事赤ちゃんを産んで、出産という大仕事を終えたママですが、出産直後というのはそれまでお腹の中に数kg入っていたものが一気に外にでたので、身体が子宮を元の大きさに戻そうとします。

 

それに伴い出産後もにぶい痛みが続きますが、出産直後から身体が落ち着くまでの間の流れを下記に記します。

 

後産 赤ちゃんを産んだ後には、子宮内に残っている胎盤や卵膜を出す処置をします。これが「後産」と呼ばれるものです。お腹のマッサージをしたり、医師が直接指でかきだしたりします。その後、会陰切開をした方は縫合が行われます。時間的には5〜20分ほどで終了です。ここまで完了して、無事お産終了です。
休憩 出産後は体力を使い果たしているので休憩するという意味と、容態が急変しないか診るために、分娩台でそのまま2時間ほど休憩します。この間赤ちゃんを抱かせてくれたりします。
後陣痛 赤ちゃんが出たので、伸びていた子宮が元に戻ろうと収縮します。痛みはそこそこ痛いといった印象です。我慢できないほどの痛みではありませんが、病院によっては痛み止めを処方されることもあります。だいたい翌日までには治まりますが、4,5日続く方もおられます。初産の方より出産を経験されている方のほうが、痛みが強くでることが多いです。
休憩 10時間以上苦痛に耐えた身体は非常に疲れています。自分のベッドで充分に休息をとります。1日くらいは横になっておいた方がよいでしょう。摂れる様であれば、飲食もできます。出産後に尿意を感じたら、看護士さんとトイレに行って出血量を確認してもらいます。

 

以上が出産直後から身体が落ち着くまでの間の流れです。

 

出産後もまだ痛みがあるというのは嫌ですが、できるだけ安静にして達成感を感じましょう!

ページの一番上へ>                次のページ→産後の母体の様子

サイトのTOPページへ

 

はじめて妊娠・出産をする妊婦さんのための本です。2006年の本ですが、いまだに人気があるロングセラーです。タレントの渡辺麻里奈さんがおすすめしていた本がコレです!私も持っていますが、絶対読んでおいた方が気持ちが楽になるのでいいですよ(^^)