〔TOP〕 > 【 産後の母体ケア

産後の母体の様子

出産後のママの母体は、さまざまなところが傷ついています。
膣から大きな赤ちゃんが生まれたんですから、当然といえば当然かもしれません(^^;)
こちらでは、産後の母体の様子についてお話したいと思います。

 

子宮 広がっていた子宮が戻ろうとします。出産直後は軽い陣痛のような痛みがあります。産後6〜8週間で妊娠前の大きさに戻ります。
赤ちゃんが出てくる際に、膣の中や壁に細かいキズがたくさんつくので、少し青紫色がかり腫れています。4週ほど経つとほぼ元通りに回復しますが、出産前よりは少し緩くなります。
膀胱 分娩のときに尿道が強く圧迫されるので、産後は尿道が麻痺したような状態になります。よって産後は尿もれに悩まされる方がいますが、1ヶ月ほど経つと正常な状態戻っていきます。
体重 妊娠中はどうしても体重が増えてしまいます。増えた体重は赤ちゃんや、羊水、胎盤の分だけでなく、やはりママのお肉も増えています。しかし産後すぐにダイエットをするのは、身体の回復を遅らせる原因にもなりますのでやめましょう!しばらくすると家事や育児に追われ自然と痩せてきます。
お腹

妊娠中はお腹が大きくなるので、お腹の皮が伸びています。しかし伸びきったお腹の皮はそう簡単には戻ってくれず、皮が余った状態です。やはり妊娠出産を経験すると、がんばっても多少お腹の皮はたるみます。

体毛 妊娠中はホルモンの関係で体毛が濃くなる方がいます。お腹のあたりにモサモサ毛が生える方もおられますが、出産すれば次第に元に戻っていきますので、心配いりません。
肛門

出産の際強くいきむと肛門に負担がかかります。それが原因で出産後に「痔」になる方もいます。1ヶ月ほどで次第に元通りになっていきますが、なかなか治らない方は、医師に相談するのが一番早く治ります。

 

このように産後のママの身体には、元に戻ろうとさまざな変化が起きます。
自分の身体のことですので、事前に知っておくと安心ですね(^^)

ページの一番上へ>                次のページ→産後1日目

サイトのTOPページへ

 

はじめて妊娠・出産をする妊婦さんのための本です。2006年の本ですが、いまだに人気があるロングセラーです。タレントの渡辺麻里奈さんがおすすめしていた本がコレです!私も持っていますが、絶対読んでおいた方が気持ちが楽になるのでいいですよ(^^)