〔TOP〕 > 【 妊娠初期

妊娠初期にパパがすること

妊娠初期は不安定なもの

妊娠初期の妊婦さんは、つわりによる疲労やホルモンバランスの崩れによる不安感など、情緒不安定になりやすいものです。時にはパパが理解できないようなことで怒り出すかもしれません。

 

しかし、それは妊娠によるものですので、パパがそこで怒ってしまってはどうしようもありません。やさしく話を聞いてあげて、パパが折れてあげる気持ちが大切です。男性はそれくらい包容力がなくてはダメです。

 

奥さんのお手伝いをしてあげる

妊娠初期は最も流産しやすい時期です。妊婦さんの精神状態や肉体状態が、直接胎児につながっておりますので、できるだけママの負担を軽くしてあげることが大切です。

 

中にはがんばり屋さんの妊婦さんもいて、パパにモノを頼めない奥ゆかしい女性もいらっしゃいます。そんなときはパパの方から「何かしようか?」と声をかけてあげると、妊婦さんはとてもうれしいものです。救われたような気持ちにもなります。

 

忙しい方は会社帰りや仕事帰りにでも、スーパーに行って買い物をするクセをつけるだけでもいいです。休みの日に買いだめでもいいので、できるだけ時間を作って、ママの負担を軽くしてあげることが大切です。

 

タバコやお酒は控える

タバコの煙やニコチンは、妊婦さんの血液をまわって胎児に直接悪影響を与えます。妊婦さん本人が控えるのはもちろんですが、妊婦さんが煙を吸ってしまわないように、パパも近くでタバコは吸わないようにしましょう!

 

またお酒も妊婦さんの近くではあまり飲まないようにします。なぜなら近くでお酒を飲む人がいたら、妊婦さんも飲みたくなりますが、我慢しなければならないからです。その辺気を使ってあげてくださいね。

ページの一番上へ>                次のページ→16〜19週(5ヶ月目)

サイトのTOPページへ

 

はじめて妊娠・出産をする妊婦さんのための本です。2006年の本ですが、いまだに人気があるロングセラーです。タレントの渡辺麻里奈さんがおすすめしていた本がコレです!私も持っていますが、絶対読んでおいた方が気持ちが楽になるのでいいですよ(^^)