〔TOP〕 > 【 妊娠中期

妊娠中期 20〜23週(6ヶ月目)

赤ちゃんの超音波写真

 

体長:約25〜30cm

体重:約600〜800g

 

< 赤ちゃんの様子 >

この時期になると大きすぎて、全体像が写らなくなります。左の写真が頭を上から撮った所で、右がおお尻を真下から撮ったところです。赤ちゃんの身体は皮下脂肪が増えてきて、眉毛まつ毛なども生えてきます。目のまばたきもできます。ますます活発に動きます。

 

ママの身体の変化

 

体重:約58kg

 

お腹がでてきて若干下に垂れ下がったような気がします。今まではお腹が張る感じだったのですが、逆にやわらかい感じになってきました。お腹が重くなってきて、張る力がなくなったのかもしれません。

 

私の場合は腰痛や肩こりに悩まされることもなく、順調でした。脚がつったり、睡眠中にこむら返りに襲われる人もいるそうです。またこの時期になると、乳汁といって、半透明のおっぱいがでる方もおられます。

気をつけることとアドバイス

母親学級に行ってみよう!

お腹がでてくるにつれて、自分が出産するんだという自覚が生まれてくる時期です。しかし赤ちゃんをはじめて育てる人がほとんどですので、どうやって育てたらよいのかもわかりません。そんなときは「母親学級」に行ってみましょう!

 

これは病院や保健所、民間企業が実施しているもので、妊娠中の生活指導から栄養や病気の知識、産後の赤ちゃんのケアの仕方まで、ひととおりのことを教えてくれます。後期に入るとお腹が重くてなかなか動けなくなるので、まだ動けるこの時期に行っておくとよいです。

 

静脈瘤の予防

お腹がでてくるにつれて子宮が大きくなると、下半身の血管を圧迫してしまう場合があり、人によっては静脈瘤というものができる方がいます。静脈瘤は悪性の疾患ではありませんが、ほっておいてもなかなか治りません。

 

症状としては、青い血管が網目のように見えたり、血管がボコボコと浮き出ているように見えたりします。脚が重くてだるい、寝ている間にこむら返りで目が覚める。脚が痛いなどの症状がでます。

 

静脈瘤を予防するためにも、毎日のストレッチはかかさずやることをオススメします。

 

胎教

胎教とは胎児を教育することではありません。胎児とコミュニケーションをとることです。よく胎教のための英語のCDやIQを高める音楽などが売っていますが、なんの根拠もありませんし、ママがストレスを感じるようであればやめた方がいいと思います。

 

実はママと赤ちゃんは感情でつながっていて、ママがストレスを感じれば、お腹の中の赤ちゃんもストレスを感じています。胎教で一番大切なのは、ママがリラックスして赤ちゃんとコミュニケーションをとることです。

 

パパも一緒にできればベストですが、リラックスできる姿勢でお腹の中の赤ちゃんに話かけてあげましょう!この時期の赤ちゃんは外界の音も聞き分けられるようになっていて、ママの声、パパの声も聞き分けています。話かければ動いたり、トントンとお腹を叩いてやると同じ場所を叩き返してくれたりします。かわいいでしょ(^^)

ページの一番上へ>                次のページ→24〜27週(7ヶ月目)

サイトのTOPページへ

 

はじめて妊娠・出産をする妊婦さんのための本です。2006年の本ですが、いまだに人気があるロングセラーです。タレントの渡辺麻里奈さんがおすすめしていた本がコレです!私も持っていますが、絶対読んでおいた方が気持ちが楽になるのでいいですよ(^^)